あれいの独り言


平凡な日常の些細な出来事
by あれい
カテゴリ
全体
介護
健康

ダイエット
友達
読書
生活
霊の世界
天変地異
独り言
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
さよなら~♪
at 2015-01-19 10:25
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

その脅しには屈しないのだ

いつもの友達から電話がきて「あのさ、ソーメンかぼちゃ(金糸瓜)ってのを、昨日、同僚から貰ったんだよねー」「へええ」
「それでねえ、茹でてみたらすごい量になったの」(何個貰って茹でたんだろう???)

「食べてくれない?」「いらないかも・・・」
「昨日、食材をいっぱい買ってきたし、今朝、大根の煮物作ったから、茹でてしまった物を貰っても食べきれないもん」

「だけど、昨日から何度も電話してんだよ、いなかったじゃん」・・・って、茹でたのは昨日ってこと?
昨日茹でて食べ切れず余ったのを私に押し付けるのか、おまいは???

もったいないのはわかるけど、いつもいつも食べたい量を考えなしに大量に作ってはそうやって強引に押しつけてくる・・・
我が家は、あなたの余した生ごみを処理するセンターじゃないんだけど。


押し問答の末の彼女の台詞が・・・
「貰ってくれないなら、コンポスト行きになるよ」

そ、それは「金を出さないなら、こいつの命はないぞ」的な脅しですかい?
年配の方なら「食べ物を棄てるなんて冗談じゃない!」と憤慨するだろうけど、私は平気だよ。


「棄てて」


「棄てて」と電話を切ったけど、冷凍したらいいんじゃないの?


[PR]

by oresama-uriko | 2014-11-18 16:39 | 友達
<< 日本のファンタジー 食生活の乱れ >>