あれいの独り言


平凡な日常の些細な出来事
by あれい
カテゴリ
全体
介護
健康

ダイエット
友達
読書
生活
霊の世界
天変地異
独り言
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
さよなら~♪
at 2015-01-19 10:25
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:友達( 7 )


中途半端

わが町の天気。雨→うっすらと雪→雨→曇り→うっすらと雪→曇り→そんな凍りついた道路は、時間と共に融けてくる。
車がシャーベット状になった氷を周りに跳ね散らしていき、そこを人が歩いて足跡だらけ。

夕方になって気温が下がるとぼこぼこのまま凍りつく。

朝は部屋の掃除をと、掃除機を出したところへ電話が。
「おはよ~~!今私どこにいると思う?」「外・・・」

「せいかーーい、
今さ、そっち向かってるの。歩こうよ
(マテ・・・

大急ぎで温かい服装に着替え。ダウンコートを着て玄関を出たところへ「やっほ~」と友達。
誘ってきたくせに
「どこ行く?」(マテ・・・

「えーっと、冬用の運動靴を見にとなり町の靴屋さんへ行こうか」と、2人ででこぼこの氷の道を、ひーひー言いながら歩きました。
下手すると転ぶし、小またで太腿に力を入れて慎重に歩くので一向に距離がはかどりません。

やっとたどりついた靴屋さんは大きいお店でもないし、1度仕入れたらあとは補充無しで、靴も少なくサイズもなくて、イトーヨーカドーへ方向転換。

彼女は服を物色、私はお仏壇に供える花を買ってさあ帰りましょう。
運動不足で歩こうって誘ってきたくせに、彼女が発した台詞が
「歩くのやだ、
タクシーで帰ろうよ」

タクシーの中でまた聞いてきた「ねえ、空の巣症候群になってない?大丈夫?」
何度も聞かれるたびに、なんかしつこいなあって思ってたけど、もしかしてだけど~~~。

10年間、認知症のじいちゃんの世話をしてきたから、その世話がなくなって燃え尽きてしまい、何もする気が亡くなってるんじゃないかと、彼女は心配してくれてるのかな?だからこうして誘ってくるのかな?とか思ったりした。




More
[PR]

by oresama-uriko | 2014-12-19 22:46 | 友達

燃え尽きてない?

今日も冷え込んだけど雪はなし。午前7時半の電車で札幌へ。
日曜とあって映画を見たい人たちでエレベータ前は長蛇の列、そこをかいくぐって席をゲット。

1作目~3作目を10として、最初の2だけ原作。あとの8は別のストーリーを盛りに盛って、想像もしてなかったラスト。

何度も本を読み返してた私にとって映画は別物でしたが、それでもすごい
楽しめました。

2人でお昼を食べてるとき、友達が「ねえ、空の巣症候群になってるんじゃない?大丈夫?」
「なにそれ???」

「じいちゃんの世話をきっちりやっててさ、じいちゃんが亡くなってする事が無くなって、時間が余って、自分の存在感が空しくなるの」

「今のところはその症状は出てないみたい、それにこれからも永久に出ないかも」

帰りは2人で投票所によって清き1票を投じてきました。




[PR]

by oresama-uriko | 2014-12-14 19:28 | 友達

でんぷんこ

ホテル経営のおじさんが以前お菓子を送ってきてくれて「美味しかった」とお礼を言うと第2弾がやってきました。
f0338146_19000463.jpg
f0338146_19003030.jpg
f0338146_19005721.jpg
f0338146_19013439.jpg
f0338146_19015757.jpg
f0338146_19022570.jpg
食べ切れないので、お隣のおばちゃんところへ持っていきました。

そして爆裂に本を読んでたところへ電話・・・「遊びに来て~~~」

この吹雪の中を?と思ったけど「お昼を食べたらね」と午後1時にしぶしぶ出かけました。

彼女がしゃべりながら一生懸命に何かを切ってるので「何してるの?」と尋ねると「大根をみじん切りにしてるんだよね~」

お母さんが仕事なので、今夜の晩ご飯の下準備だとか「さっきテレビでやってた料理を作ってみたくて」

材料が、大根のみじん切りにピクルスっぽいものにキャベツ?
「それにでんぷんこを混ぜて焼いて辛子醤油で食べるらしい」

「なんかチヂミみたいな料理だけど、私は片栗粉を混ぜて焼くよ。でんぷんこなんてあるんだね」としゃべってたら「あのさ、でんぷんこって片栗粉のことだよ」

「へ?」

「昔はカタクリって植物の根で作られてたけど今はないの。今はジャガイモで作られてるでんぷんこを片栗粉って言うんだよ」

しらんかった・・・さすが、祖父母が農家だけあって詳しいよね・・・

でんぷんこかあ。
                          




[PR]

by oresama-uriko | 2014-12-02 19:08 | 友達

その脅しには屈しないのだ

いつもの友達から電話がきて「あのさ、ソーメンかぼちゃ(金糸瓜)ってのを、昨日、同僚から貰ったんだよねー」「へええ」
「それでねえ、茹でてみたらすごい量になったの」(何個貰って茹でたんだろう???)

「食べてくれない?」「いらないかも・・・」
「昨日、食材をいっぱい買ってきたし、今朝、大根の煮物作ったから、茹でてしまった物を貰っても食べきれないもん」

「だけど、昨日から何度も電話してんだよ、いなかったじゃん」・・・って、茹でたのは昨日ってこと?
昨日茹でて食べ切れず余ったのを私に押し付けるのか、おまいは???

もったいないのはわかるけど、いつもいつも食べたい量を考えなしに大量に作ってはそうやって強引に押しつけてくる・・・
我が家は、あなたの余した生ごみを処理するセンターじゃないんだけど。


押し問答の末の彼女の台詞が・・・
「貰ってくれないなら、コンポスト行きになるよ」

そ、それは「金を出さないなら、こいつの命はないぞ」的な脅しですかい?
年配の方なら「食べ物を棄てるなんて冗談じゃない!」と憤慨するだろうけど、私は平気だよ。


「棄てて」


「棄てて」と電話を切ったけど、冷凍したらいいんじゃないの?


[PR]

by oresama-uriko | 2014-11-18 16:39 | 友達

嫌いなものは嫌いなんです

数少ない友らに、じいちゃんが24日に亡くなったと報告すると「やっと解放されたね、遊びに行こう」って誘ってくれる^^
札幌の友達は「泊まりにおいでよ^^」とかも。でも、私にはおさんどんがある。そして猫がいるから泊まりは無理。

「遊びに行くね」ってことで、なぜかお昼に「餅ピザ作って食べようよ」
「お餅大嫌いなんだけど・・・」

お餅をピザにして食べたらすごい美味しいよ
私、今凝ってるんだよね♪」

なんか、この台詞はあの時と同じ。
近所のおばちゃんが野菜を持ってきてくれて、その中に茄子の漬物があったので「私、茄子大嫌いって、何度も言った気が~^^;」

「え?でも、これは茄子の漬物だよ?」

お餅も茄子も大嫌いなんだから、原型が違う物にメタモルフォーゼしても嫌いなものは嫌いなんだけど・・・

それにしても、3年間近く通ってた病院だったから、つい病院へ行かなきゃって思ってしまう、もうじいちゃんはそこにいないのにね。


[PR]

by oresama-uriko | 2014-10-31 20:14 | 友達

四面楚歌

友達はかわいくて性格も明るくて誰からも好かれる。ちょーきれい好き・頭の回転が速いから先先読んで仕事をてきぱきやる。

それは自宅でならいいけど、職場で、同僚の領域にまで入り込んでやってしまう。

そして彼女のNGなところ、あれいが口を酸っぱくして彼女に言い聞かせてた。

自分はこれだけやってるのにあの人たちはサボってるとか、ろくに仕事もしない人と給料同じってのが腹が立つ他、いくら気心が知れてる同僚でも言わないほうがいいよって。

彼女に言い聞かせてた、娘の気性を知る母親のように・・・

数日前、彼女は夜間組んだ同僚の愚痴を、チラッと別の仲良しさんの同僚に言ったら、その仲良しさんの機嫌をなぜか損ねてしまったらしい。
彼女が言ったことをその仲良しさんは、自分の仲良しさんにしゃべり、ってふうに、そっから職場に広まって・・・

今日、仕事休みの彼女に誘われて、大雨の中、遊びに出た車の中で打ち明けられたのが「私、職場みんなにしかとされて孤立無援」ひえ~~~っ!
「ダイエットでもなかなか51キロを切れなかったのに、ショックで50キロ切った」ひえ~~~っ!

「ここの職場やめたい」という彼女に「職場って上下関係があるから、顔色見てそっちについてるだけ。利口な人は何も言わないけど、ちゃんとわかってくれてるって」たぶん・・・

負けるな!




[PR]

by oresama-uriko | 2014-10-17 19:53 | 友達

鬼の留守に豆を炒る

いつも「あそぼ~」と声をかけてくる友達がいないので心が軽いかも~♪
な~んでか?彼女は職場の観楓会で2日間いないんだよ。

会うたびに、職場の嫌いな同僚(彼女の言い分では仕事をサボろうとするらしい)の悪口なんだけど、最近は「あんな観楓会なんか行きたくない」と、会うたびにその事で愚痴ってばかり。

①「なんでバスに6時間も座ってさ、中間でお昼食べて、旅館に着いたらもう晩ご飯を食べて、部屋でみんなで飲んで騒いで寝て、また6時間バスに座って帰ってくるだけなんだよ」

②「私、連休なのにその日に観楓会なんだもん。連休つぶれちゃったよ~、返せ~連休」

③「あんなもんに参加して何が面白いのさ」

④「ああ、12時間もバスに揺られて腰が痛くなると思うだけでストレスでイライラするぅ」

「いかなきゃいいじゃん」


「だってぇ、
積み立てたお金は
戻ってこないし
損するもんっ」


わ、わ、わからん・・・

美味しい物を食べに行くとか、かわいい服とかコート帽子靴その他には何のためらいもなく大金をぽいっと出すのに、こういうときはえらいしみったれ。

まあ、とにかく明日もいない・・・私の心はとても穏か。ありがとう、観楓会。


[PR]

by oresama-uriko | 2014-10-11 19:31 | 友達